気になる女の子との距離をぐーっと縮めるデートスポット5選〜行動派向けアクティブ編〜

まだ付き合っていないけど好きな女の子がいる、そんな男性におすすめのデートスポットをご紹介するシリーズ。今回は、動くのが好き、一緒に何かしたい、という行動派の人におすすめのアクティブ編をご紹介します。誘うのに難易度がちょっと高いものもありますが、趣味が合う人や気が合う人ならスムーズに誘えることも。メリットを上手に生かして、デートにつなげてみてください。

アクティブデートのメリット♪吊り橋効果って?

「吊り橋効果」というのは、簡単に言えば、心臓のドキドキを恋のドキドキだと勘違いさせる方法です。高い所にある吊り橋を渡る時にはスリルがあって、高い所が苦手な人ならなおさらドキドキしてしまいますよね。そんな時にあなたが一緒にいるとしましょう。

そうすると、女性はあなたと一緒にいるからドキドキしている、恋のドキドキなのかなと感じて、あなたのことを自然と考えるようになってくれる効果が期待できる、というものです。

吊り橋だけでなく、スポーツなどでも体を動かせば鼓動が速くなりますので、同じ効果が期待できるでしょう。スポーツに限らず、ホラー映画やお化け屋敷に行くなど、怖い、と感じる環境でもドキドキは狙えますが、怖いものが苦手な女性を誘うのは逆効果。その点で、スポーツなどのアクティブデートでは、爽やか、健康的、などのイメージもあり、スリルを味わうことなく吊り橋効果を狙えるところがメリットです。

また、アクティブデートでは、一緒に何かをする、という環境も整えやすいでしょう。会話だけだと、コミュニケーションをとるのが苦手な人は難しい時がありますが、一緒に取り組むことで自然と会話が生まれ、コミュニケーションもとりやすくなるメリットがあります。会話は苦手だけど、体を動かすのが好き、という人はぜひ生かしてみてください。

付き合う前の女性と行く、おすすめアクティブデートスポット5選

1. ボウリング

ボウリングは、テニスやゴルフなどのスポーツと比べると比較的経験のある人も多いのではないでしょうか。また、ボウリングはシューズなどをレンタルして手ぶらで楽しむこともできますので、気軽に行きやすいこともメリットです。ボウリングが好きな人どうしならスコアを競い合うなどして楽しめるでしょう。

負けた方が~をおごる、などの簡単なルールを作るとより楽しめることも。ハイタッチなどの簡単なスキンシップをしやすいのもボウリングのメリットです。とはいえ過度のスキンシップはNG。緊張し過ぎず、馴れ馴れしくし過ぎず、バランス良く楽しみましょう。

ボウリングに自信があって得意な場合には、女性にコツを教える、ということもできます。教える時には優しく、本気で指導!ということのないように気を付けましょう。ただ、ボールを交互に投げ合うだけのデートではつまらないと思われてしまう場合もありますので注意が必要。適度に会話を盛り込み、楽しい雰囲気を作れるように頑張ってみましょう。また、止め際もポイント。女性が疲れるまで続けないことも大切です。

2. バッティングセンター

バッティングセンターも気軽にトライできるスポーツのひとつです。女性はなかなか誘いづらいと感じることもあるかと思いますが、よく知らない場所に興味を持ってもらえる時もあるでしょう。バッティングセンターによく行く、好きな場所、という人はデートプランに検討してみてください。最初に野球が好きかどうかなどを聞いてみて、興味があるか探ってみるのも良いですね。

バッティングセンターには、女性向けのソフトボールの設備を設けているところもありますので、場所選びも工夫してみましょう。ボールが怖いと感じる女性もいるため、無理に挑戦してみて!というのはNG。バッティングセンターに初めて行く女性とのデートでは、一緒に楽しむ、というよりもまず、バッティングセンターの楽しみ方を教えるのも良いでしょう。

バットの持ち方など、最低限楽しめるアドバイスを基本に、あまり細かい説明や指導は抜きで、とりあえず楽しんでもらうのがコツやる前から女性が苦手意識を感じている場合もありますので、ちょっとしたことでも褒めて、楽しい雰囲気作りを心がけてみましょう。ついついかっこいいところをアピールしたいところですが、自分のバッティングのアピールだけに一生懸命にならないように気を付けてくださいね。

バッティングセンターのほかに、ダーツやビリヤードも複合している設備のところもありますので、女性があまり興味を持ってくれなかった時のための保険として視野を広げておくと安心です。

3. スポーツ観戦

体を動かすのがちょっと苦手、という人にはスポーツ観戦もおすすめのデートスポット。スポーツは観る方が好き、という人も参考にしてみてください。スポーツ観戦なら、誘いたい女性が運動を好きかどうか、それほど気にせず誘えることもあります。

リアルな観戦は、テレビで観るのとは違っていつもとは違う雰囲気を味わえるのがメリット。スポーツ観戦が好きな女性もいますので、趣味があえばとても楽しいデートが期待できるでしょう。

初めてスポーツ観戦に行く女性には、場所に合わせて日焼けや服装のアドバイスをさりげなく伝えるのもポイント。観に行くとしたらどんなスポーツが良いかを、いくつか選択肢を用意して聞いてみるのも良いですね。全く知らない場所より、少しでも興味があるものを選んでもらった方が雰囲気にも溶け込みやすくなります。

観戦中は臨場感でテンションも上がることと思いますが、彼女を置いて一人だけ盛り上がってしまわないように気を付けましょうルールがわからずつまらなくなってしまう人もいますので、会話の中で知識の提供をしながら一緒に楽しめるように工夫するのもコツです。その際には、熱く語り過ぎないことも大切。

デートプランを立てる時には、スポーツ観戦後のプランも踏まえて、周辺のグルメやおしゃれなカフェなどもおさえておくとなお良いでしょう。

4. テーマパーク

遊園地などのテーマパークは、実は付き合う前のデートではNGとして挙げられることもあるのですが、プランの立て方次第では楽しいデートにすることができます。テーマパークは混雑していると、アトラクションの待ち時間が長くなり会話が続かなくなるおそれや、長時間のデートで疲れてしまうおそれ、などがNG理由。

ですが、デメリットを解消できれば、1日中楽しめるデートスポットになります。友達どうしでも気軽に行ける場所なので誘いやすいこともあるでしょう。

興味がある、お気に入りのテーマパークなら長時間いても疲れにくいことがありますので、女性に好みをリサーチしてから行き場所を決めるのもおすすめ。なるべく混雑状況を避けるため、行く日や時間、アトラクションの周り方などをじっくり練っておくと良いでしょう。

アトラクションに乗らなくても雰囲気やパーク内全体の設備を楽しむ、という方法もあります。パレードやイルミネーションのほか、とっておきの休憩場所、人が比較的少ない穴場スポットなどもリサーチしてみましょう。

会話のネタに困らないように、話したいことや彼女に聞いてみたいことなどを事前に考えておくのもコツ。吊り橋効果を狙うなら、絶叫系やお化け屋敷などのホラー系ですが、どちらも苦手な人にとっては苦痛でしかないため、無理に誘わないように注意しましょう。テーマパークデートでは、友達のまま終わらないように気をつけることも大切。エスコートを心がけるなど、どこかで魅力を発揮してください。

5. 登山

登山は、アクティブデートの中では比較的誘う難易度が高いデートスポットですが、自然の中で癒されながらコミュニケーションがとれる、長時間一緒にいられるなどのメリットがあります。

自然の中に会話のネタもいろいろ探すことができますので、お互いに楽しむことができれば充実したデートになることも。歩きづらい場面で手を差し延べるなどの、ナチュラルなスキンシップも期待できます。

誘う時にはまず、女性に登山の経験などをリサーチしておきましょう。彼女のレベルに合わせてスポットを選ぶと良いですね。吊り橋効果を狙うあまり、ハード過ぎる計画を立ててしまうのはNGこの人と付き合うと絶対疲れる、なんて思われてしまったら最悪です。ランチや休憩時間もリラックスして楽しめる、疲れすぎないプランを計画しましょう。

登山は持ち物を揃えるのが初心者の人には難しいことがあります。デートのために準備してもらうのは大変ですので、持ち物がない時にはレンタル品を活用するのがコツ。現地で借りて下山したらそのまま返して帰れるサービスを用意しているところもありますので参考にしてみてください。

アクティブデートに誘う時のコツ

アクティブデートは、女性の好みに合わせて内容を選ぶことも大切です。スポーツが苦手な人もいますので、誘いたい女性の好みに合わせてアクティブさのレベルを調節しましょう。アウトドアが好きな山ガールなら、登山に誘うのもおすすめですが、普段あまり運動をしない、という時には、手軽にゲーム感覚で挑戦しやすいボウリングなどが良いことも。

デート中に雰囲気があまり良くない……、という時には、途中でカフェなどの定番デートに切り替えることもできますので、余裕を持って計画してみてください。

 

また、実際にアクティブデートに誘う時には、どんなデートをするか、という内容をあらかじめ伝えておきましょう。サプライズにしたい時もあるかと思いますが、アクティブデートは服装や持ち物も内容に合うものを用意する必要があります。女性に一日を楽しく過ごしてもらうためにも、準備のための情報はしっかりと伝えましょう。

ちなみに、吊り橋効果は長続きしないというデメリットもあります。あくまでもスタートは勘違いのドキドキ。今後も自分に関心を持ってもらうためには、その後のデートをどうすすめていくかもカギになります。きっかけを上手に生かして、次につなげていきましょう!